【スポンサーリンク】

レブロン・ジェイムスがターンオーバー数でNBA史上トップに浮上

レブロン・ジェイムスがターンオーバー数でNBA史上トップに浮上

ロサンゼルス・レイカーズのレブロン・ジェイムスは、長いNBAキャリアを通して多くの偉業を達成してきた。

NBA史上最も偉大なプレイヤーのひとりであるのは間違いなく、これからもさまざまな記録を樹立していくだろう。

だが、先日のメンフィス・グリズリーズ戦を終えた後、不名誉なNBA記録を樹立してしまった模様。

Legion Hoopsによると、ジェイムスはグリズリーズ戦終了時点でキャリア通算4525ターンオーバーを記録し、ターンオーバー数でNBA首位に躍り出たという。

不名誉なNBA記録とはいえ、ジェイムスは常にタフなディフェンスを仕掛けられている。

プレッシャーにさらされながら長年にわたって第一線で活躍しているため、当然と言えば当然なのかもしれない。

なお、ターンオーバー数のNBA歴代トップ30選手は以下の通りだ。

選手名出場試合数ターンオーバー数
レブロン・ジェイムス12924526
カール・マローン14764524
ジョン・ストックトン15044244
コービー・ブライアント13464010
ジェイソン・キッド13914003
モーゼス・マローン13293804
アイザイア・トーマス9793682
アキーム・オラジュワン12383667
ラッセル・ウェストブルック8943659
パトリック・ユーイング11833537
ポール・ピアース13433532
マジック・ジョンソン9063506
レジー・セウス10263493
スティーブ・ナッシュ12173478
ティム・ダンカン13923381
チャールズ・バークレー10733376
ドウェイン・ウェイド10543326
シャキール・オニール12073310
アレン・アイバーソン9143262
スコッティ・ピッペン11783257
ドワイト・ハワード11403192
ロバート・パリッシュ16113183
ケビン・ガーネット14623179
ジェイムス・ハーデン8553172
マーク・ジャクソン12963155
アンドレ・ミラー13043121
ゲイリー・ペイトン13353030
クライド・ドレクスラー10862977
カーメロ・アンソニー11462953
マイケル・ジョーダン10722924

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    というかジョン・ストックトンの試合数ヤバすぎだろ。

    高卒のレブロンが、まだ到達しないなんて。

*

CAPTCHA