【スポンサーリンク】

ギルバート・アリーナス「コートの外のスタン・バン・ガンディは個性がない」

ギルバート・アリーナス「コートの外のスタン・バン・ガンディは個性がない」

ニューオーリンズ・ペリカンズは先日、新たな指揮官としてスタン・バン・ガンディを招聘した。

バン・ガンディHCがNBAチームのヘッドコーチ職に復帰するのは約2年半ぶり。

コーチングキャリアを通してオーランド・マジックをNBAファイナルに導いた実績を持つだけに、バン・ガンディHCには若いペリカンズを常勝チームに育てる働きが期待されるが、ガンディHCほど適任はいないのかもしれない。

マジック時代にバン・ガンディHCの下でプレイした経験を持つギルバート・アリーナスによると、ガンディHCは練習がスタートすると急に真剣になるという。アリーナスのコメントをlarrybrownsports.comが伝えている。

スタンが選手たちとどう交流するのか注目している。

笑ったり、ジョークを言ったり、彼はナイスガイさ。

彼らは練習が始まる前にカウントダウンをする。

その間、スタンは選手たちと笑い合ったり、ジョークを言ったり、ゴルフのスウィングの話をしたりする。

カウントがゼロになると、「ああ、彼は変わってしまった」という感じになるんだ。

コーチとしてのスタンの唯一の問題は、人々と話ができないということだ。

彼はバスケットボールに関係している人々を理解しているバスケットボールプレイヤーだった。

体育館の外では個性がないんだ。

ペリカンズは2019年NBAドラフト1位プレイヤーのザイオン・ウィリアムソンや、NBAキャリア初となるオールスターに選出され、MIPを受賞したブランドン・イングラム、さらにロンゾ・ボールなど若手有望株を豊富に揃えるチーム。

バン・ガンディHCのメリハリが効いたコーチングは若手たちに緊張を緩和をもたらし、成長を加速させることだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By たけ

    全然意味不明

*

CAPTCHA