【スポンサーリンク】

ゲイリー・ペイトン「本物のポイントガードはラジョン・ロンドとクリス・ポールだけ」

近年のNBAでは、スコアリングを量産するポイントガードが増えてきている。

かつてのポイントガードといえば、ゲームメイクやアシストが主な役割であったが、最近ではスモールラインアップで戦うチームが増えており、時代は明らかに変わったと言えるであろう。

現役時代はNBAを代表するポイントガードのひとりだったゲイリー・ペイトンも、そう感じているのかもしれない。

「今のNBAで最高のポイントガードは?」という質問に対し、ペイトンは次のように返答。clutchpoints.comが伝えている。

「その質問は年寄りには難しいね。君たちはステフィン・カリーをポイントガードとして見てる。彼はポイントガードじゃない。彼は2ガードだ。(ラッセル・)ウェストブルックはポイントガードじゃない。彼は2ガード。ジェイムス・ハーデンはポイントガードじゃない。彼は2ガードだ」

「私にとって、このリーグにおいて本物のポイントガードは2人だけ。それは(ラジョン・)ロンドとクリス・ポールさ。今のクリス・ポールはシューティングガードに偏ってる。だけど、ロンドは本物のポイントガードだ。彼は彼のディフェンスをし、チームメイトたちを良くしてる。『俺に30得点させてくれ』じゃない、『俺にジャンプショットを撃たせてくれ』じゃない。今のNBAでポイントガードとして名が挙がってる選手たちはポイントガードじゃないんだ」

ペイトンが現役だった頃と比較すると、ゲームの形は大きく変わった。

今はスコアリングを量産するポイントガード、アウトサイドショットを撃てるビッグマン、プレイメイキング能力がある多才なプレイヤーが重宝されているが、この流れはまだまだ続くであろう。

では、この流れが終わった時、NBAゲームはどう形を変えていくのであろうか。

また、その流れを変えるプレイヤーの台頭を楽しみに待ちたいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA