【スポンサーリンク】

カイリー・アービングがルカ・ドンチッチとの対戦について「公園で5on5をしているようなもの」

カイリー・アービングがルカ・ドンチッチとの対戦について「公園で5on5をしているようなもの」

ダラス・マーベリックスのNBAオールスター、ルカ・ドンチッチは、現地27日に行われたブルックリン・ネッツ戦で41得点、11リバウンド、14アシストのパフォーマンスを見せ、チームを勝利に導いた。

まさにNBAを代表するスーパースターにふさわしい圧巻のパフォーマンスだったわけだが、カイリー・アービングもドンチッチとのマッチアップを楽しんだ模様。

アービングによると、ドンチッチとの対戦にはストリートバスケットボールのような楽しさがあるという。アービングのコメントをclutchpoints.comが伝えている。

(ドンチッチとの対戦は)公園で5on5をプレイしているようなものさ。

ルカは彼らの仲間を率い、僕とケビン(・デュラント)は僕たちの仲間を率いている。

君たちも知っての通り、ほとんどのオフェンスは僕たちを経由しているんだ。

ディフェンスに関して言うと、チャレンジしたい。

僕は何度かルカにスイッチし、彼に気持ち良くプレイさせなかった時間帯もあった。

良い仕事をしたと思う。

(ドンチッチに対するディフェンスで)できることはそう多くないが、タフなプレイをさせるだけだ。

彼とのやり合いは楽しいね。

だが、勝利を求めている。

彼は素晴らしい選手だ。

彼との対戦は常に楽しいよ。

ネッツとマブスはカンファレンスが違うため、対戦する機会は決して多くない。

彼らが次に対決するのは現地11月7日であり、両チームがNBAファイナルに進出しない限り、今季はそれが最後のバトルになる。

果たしてアービング擁するネッツはマブスのホームでリベンジすることができるだろうか?

なお、アービングとドンチッチの今季のスタッツは以下の通りとなっている。

K・アービングL・ドンチッチ
出場試合数54
平均出場時間39.035.8
平均得点29.636.3
平均リバウンド5.49.5
平均アシスト4.49.3
平均スティール1.62.0
平均ターンオーバー2.23.8
FG成功率45.4%50.0%
3P成功率26.1%26.3%
フリースロー成功率93.3%86.1%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA