【スポンサーリンク】

ドック・リバースHC クリッパーズの指揮は今季限りか?

ロサンゼルス・クリッパーズのオーナー、ドナルド・スターリンが人種差別発言をしたということが大問題となっているが、クリッパーズのスポンサー企業が次々とスポンサーから降りる事態にまで発展している。

プレイオフ終了後にFAとなるドック・リバースHCは、果たして来季もクリッパーズの指揮を執るのだろうか?

来季について質問されたリバースHCは、「まだ分からない。もう少し様子を見るよ」とコメント。

リバースHC本人としては、おそらく来季もクリッパーズの指揮を執りたいと考えていたのだろう。

しかしながら、スターリンの発言によって事態は一変。

さまざまな方面からスターリンの発言に批判の声が寄せられており、クリッパーズの選手たちもスターリンに反発している。

リバースHCがクリッパーズのヘッドコーチを引き受けたのは、優勝の可能性がチームにあるからに他ならない。

スターリンの考えを若干は理解していたかもしれないが、契約時にスターリンの本質を見抜くことはできなかった。

そのことについては、リバースHCも認めている。

スポンサー企業が撤退する中、クリッパーズは経営面でも苦しくなることが予想されるものの、NBAがスターリンへの罰則を決定すれば、まだクリッパーズに再興できるチャンスはあるはずだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA