【スポンサーリンク】

アレックス・カルーソ「海外でプレイしようと考えていた」

アレックス・カルーソ「海外でプレイしようと考えていた」

NBAキャリア3年目を終えたアレックス・カルーソは、ロサンゼルス・レイカーズに欠かせないプレイヤーのひとりに成長した。

チームメイトたちはもちろんファンからも愛され、さらなる成長が期待されているカルーソ。

だが、2016年のNBAドラフトでどのチームからも指名されず、その後のサマーリーグでも実績を残せなかった時、海外でのプレイを視野に入れていたようだ。

カルーソによると、ポーランドかドイツでプレイすることを考えていたという。

カルーソは当時を振り返り、次のようにコメント。sportandoが伝えている。

ドラフトで指名漏れした後、僕はシクサーズの一員として初めてサマーリーグに臨んだ。

チームにはベン(・シモンズ)、TJ・マコーネル、そして僕がポイントガードとしていた。

僕はほとんどプレイしなかった。

コートに立った時も良いプレイができなかった。

その後、僕のエージェントと1週間くらい話し合ったんだ。

僕はどこに行くべきかのかということについてね。

海外でのプレイを考えた時に失望しなかったと言えば嘘になる。

ポーラントとドイツでプレイすることを考えたよ。

実際にドイツのチームのカナダ人のヘッドコーチと話をしたんだ。

だが、カルーソにはオクラホマシティ・サンダーから連絡が届き、トレーニングキャンプに参加。

その後Gリーグでプレイし、昨年夏にレイカーズとの本契約を勝ち取ることに成功した。

オフェンスだけでなくディフェンスにも優れ、レブロン・ジェイムスとのコンビネーションも抜群のカルーソ。

レイカーズはこのオフシーズン中にロスターを再構築する見込みだが、カルーソにはレイカーズのフランチャイズプレイヤーとしてプレイし続けてもらいたいところだ。

なお、カルーソの昨季とNBAキャリアスタッツは以下の通りとなっている。

2019-20NBAキャリア
出場試合数64126
平均出場時間18.418.0
平均得点5.55.7
平均リバウンド1.92.0
平均アシスト1.92.2
平均スティール1.10.9
平均ターンオーバー0.81.1
FG成功率41.2%42.6%
3P成功率33.3%36.2%
フリースロー成功率73.4%75.0%

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA