【スポンサーリンク】

ジョーダン・クラークソンがコービー・ブライアントの引退試合以来となるNBA記録を達成

ジョーダン・クラークソンがコービー・ブライアントの引退試合以来となるNBA記録を達成

現地10日に行われたクリーブランド・キャバリアーズ対ユタ・ジャズ戦は、ジョーダン・クラークソンがラスト2分間で9得点を挙げるパフォーマンスを見せ、ホームのジャズが勝利した。

クラークソンの働きにより逆転勝利を収めたジャズだが、この日はユタに凱旋したNBAオールスターガードのドノバン・ミッチェルだけでなく、クラークソンにとっても特別な意味を持つ試合となったのかもしれない。

clutchpoints.comによると、クラークソンはNBAレジェンドのコービー・ブライアントが2016年の引退試合で記録して以来初となるラスト2分間で9得点以上を記録し、かつチームを逆転勝利に導いた選手になったという。

奇しくもブライアントが引退試合で対戦したのはジャズ。

また、クラークソンは当時ロサンゼルス・レイカーズに所属し、ブライアントの引退試合をチームメイトとして目撃したひとりだった。

この日のジャズはリバウンドでキャブスを圧倒し、連敗を2で止めた。

勢いに乗ったクラークソンは次のオーランド・マジック戦でもジャズを勝利に導くパフォーマンスを見せてくれるだろう。

なお、この日のクラークソンのスタッツは以下の通りとなっている。

キャブス戦
出場時間34:20
得点32
リバウンド6
アシスト4
スティール0
ブロックショット0
ターンオーバー4
FG成功率57.9%
(11/19)
3P成功率45.5%
(5/11)
フリースロー成功率71.4%
(5/7)
+/-+5

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 1 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ○○の記録に関してはこのチームがって、色んな記録に関して毎回被害者になるチームあるの面白いね

コメントを残す