元ドラフト2位指名のハシーム・サビート「NBAトップのショットブロッカーになれる」

【スポンサーリンク】

2009年のドラフト2位指名でメンフィス・グリズリーズに入団したハシーム・サビートは、来年2月に30歳になる。

昨季はどのチームにも所属できず、現在も所属先を探しているサビートだが、この夏のトレーニングを通し、自信を取り戻しつつあるのかもしれない。

リーグ復帰を狙う身長221cmのサビートは、自身について次のようにコメント。Basketball Insidersが伝えている。

「俺はリムプロテクターのタイトルを取り戻す。俺はNBAトップのショットブロッカーのひとりになれる。そう確信してるんだ」

ロサンゼルス・レイカーズ、ニューヨーク・ニックス、ワシントン・ウィザーズがサビートに興味を持っていたと噂されたが、2016-17シーズン開幕を前にして、サビートはまだどのチームとも契約していない。

サビートがNBAで最後にプレイしたのは、オクラホマシティ・サンダーでの2013-14シーズンだ。

リーグに復帰し、ショットブロッカーとして所属チームを牽引することはできるだろうか。

なお、サビートはキャリア5年を通してグリズリーズ、ヒューストン・ロケッツ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、サンダーで通算224試合に出場し、平均10.5分のプレイで2.2得点、2.7リバウンド、0.1アシスト、0.8ブロックショット、FG成功率56.7%、フリースロー成功率57.8%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA