ダリオ・サリッチ「スモールフォワードでもOK」

【スポンサーリンク】

今季からフィラデルフィア・セブンティシクサーズに加わったダリオ・サリッチは、パワーフォワードのポジションでプレイする選手だ。

だが、シクサーズにはジョエル・エンビードとジャリル・オカフォーというビッグマンがすでにおり、さらにパワーフォワードのポジションでもプレイできるナーレンズ・ノエルが復帰。

サリッチの出場時間は減少する可能性がある中、十分な出場時間を確保するため、サリッチはスモールフォワードのポジションへのコンバートも厭わないようだ。サリッチのコメントをPhiladelphia Inquirerが伝えている。

「(ポジションのコンバートについて)俺はOKさ。もちろん時間は必要。新たなポジションで調整し、違うタイプのプレイヤーをディフェンスするためにね」

復帰したノエルは先日、出場時間に不満を漏らし、ブレット・ブラウンHCに直訴したとされている。

また、エンビードもオカフォーと共にプレイする際に「インサイドが狭い」と不満を口にしていた。

さらにベン・シモンズがパワーフォワードのポジションでプレイするなら、ブラウンHCはさらに難しい起用法を余儀なくされるだろう。

再建へ向けて将来有望なビッグマンを次々と獲得してきたシクサーズだが、贅沢な悩みに直面しているようだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA