デマーカス・カズンズ ライアン・アンダーソンのフロッピングに「アンフェア」

【スポンサーリンク】

日本時間25日に行われたニューオーリンズ・ペリカンズ対ヒューストン・ロケッツの一戦で、デマーカス・カズンズとライアン・アンダーソンは激しいバトルを繰り広げた。

アンダーソンはカズンズのエルボーや頭突きをもらうなど、激しいフィジカルバトルとなった両者だが、カズンズはアンダーソンのフロッピングを主張しているようだ。カズンズのコメントをESPNが伝えている。

「フロップだ、レビューしろ。フロップだ、レビューしろ。フロップだ、レビューしろ」

「厳しいね、それにアンフェア。だけどそういうことさ。あれはバスケットボールなんかじゃない」

「彼ら(レフェリー)は何も見つけなかったけど、レビューし続けた。彼(アンダーソン)はコートに倒れ続けた。試合を通してね。ただのフロップだ。彼はディフェンスしたくなかったんだろう。ディフェンスをしたくないプレイヤーとして知られてるから。だから彼はコートに倒れたんだ。ひどいね」

一方のアンダーソンは、癇癪持ちのカズンズにフラストレーションを募らせる作戦だったと説明している。

「フィジカルにプレイしたい。デマーカスはエリートプレイヤー。彼がフラストレーションを溜めたら、最悪の状態になる。あれはデマーカスにフラストレーションを溜めさせるゲームプランの一部であり、それと同時に彼は素晴らしいプレイヤーであることを示してる。彼にフラストレーションを溜めさせたい。それが俺がやったことさ」

遺恨を残すことになった両者は、次の対戦もフィジカルなマッチアップとなるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA