グレン・ロビンソンⅢ 左足首手術で離脱期間延長へ

【スポンサーリンク】

インディアナ・ペイサーズのグレン・ロビンソンⅢは先月末、チーム練習中に左足首を負傷し、2カ月程度離脱することになった。

当初であれば11月末に復帰できる見込みだったが、12月にずれ込んでしまうようだ。

ESPNによると、ロビンソンⅢは左足首を手術することになり、2~4週間程度離脱期間が延びるという。

つまり、スケジュール通りに回復すれば12月中旬ごろに復帰できる見込みだ。

昨季のスラムダンクコンテストでチャンピオンに輝き、ペイサーズを牽引するプレイヤーへの成長が期待されているロビンソンⅢ。

復帰後も高い身体能力で豪快なダンクを叩きこんでもらいたい。

なお、昨季のロビンソンⅢはレギュラーシーズン69試合に出場し、平均20.7分のプレイで6.1得点(キャリアハイ)、3.6リバウンド(キャリアハイ)、0.7アシスト(キャリアハイ)、FG成功率46.7%(キャリアハイ)、3P成功率39.2%(キャリアハイ)を記録。

キャリア3年を通してミネソタ・ティンバーウルブズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ペイサーズでレギュラーシーズン通算149試合に出場し、平均14.7分のプレイで4.4得点、2.4リバウンド、0.6アシスト、FG成功率44.8%、3P成功率37.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA