【スポンサーリンク】

コラム

Category
ケビン・デュラント

ケビン・デュラント「ジョエル・エンビードには特に負けたくない」

ケビン・デュラント率いるゴールデンステイト・ウォリアーズは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ戦で一時24点のリードを奪われたものの、第3Qの猛攻で逆転勝利した。 前半のシクサーズの猛攻にホームのファンは歓喜し、ジョエル・エンビードは会場を盛り上げ続けたが、後半に入ると一転。...
ロンゾ・ボール

ルーク・ウォルトンHC 乱闘回避のロンゾ・ボールについて「学ぶ過程のひとつ」

ロサンゼルス・レイカーズのケンテイビアス・コールドウェル・ポープとフェニックス・サンズのタイラー・ユリスが乱闘になった際、ルーキーのロンゾ・ボールはこれに気付きながらも、歩いてベンチに戻った。 この問題を受け、ボールはチームメイトからおしかりを受けたようだ。 ルーク・ウォルトンH...
ブラッド・スティーブンス

ブラッド・スティーブンスHC「未来を予測するのは難しい」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは先日、好調のボストン・セルティックスを「イースタン・カンファレンスの将来を担うチーム」と称えた。 そして、ステフィン・カリーも「現時点でイーストベストのチームはセルティックス」とし、ファイナルでの対戦を予想した。 だが、セル...
ロンゾ・ボール

ロンゾ・ボール 乱闘を避けた理由は「テクニカルファウルをコールされないようにするため」

ロサンゼルス・レイカーズのケンテイビアス・コールドウェル・ポープとフェニックス・サンズのタイラー・ユリスが乱闘寸前となり、両チームの選手たちはそれに加わり、制止しようとした。 だが、レイカーズのロンゾ・ボールはこれをスルー。 乱闘の様子に気付きながらも、ベンチに歩いて戻った姿勢が...
レブロン・ジェイムス

レブロン・ジェイムス ドレイモンド・グリーンの指摘に「その通り」

昨季のイースタン・カンファレンス覇者であるクリーヴランド・キャバリアーズは、レブロン・ジェイムスに頼らざるを得ない状況が続いている。 今季のジェイムスは1試合あたり40分近くプレイしているため、シーズンが進むにつれ疲労や怪我のリスクが気になるところだ。 ゴールデンステイト・ウォリ...
ベン・シモンズ

ベン・シモンズ「大学よりNBAのほうがたくさん学べる」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのルーキー・オブ・ザ・イヤー候補であるベン・シモンズは、NCAAに疑問を感じているプレイヤーのひとりだ。 シモンズは以前、プレイヤーにサラリーを支払うことなく大金を稼いでいるNCAAの体制を強く批判したが、教育体制にも疑問を持っているのかもし...
ロンゾ・ボール

ルーク・ウォルトンHC「ロンゾ・ボールは我々の先発ポイントガード」

ロサンゼルス・レイカーズのロンゾ・ボールは、シュートタッチに苦しめられ続けている。 ボールのアウトサイドショットはレイカーズの大きなオフェンスオプションのひとつとなるはずだったが、現時点ではウィークポイントになっているとも言えるかもしれない。 最近では第4Q終盤をベンチで過ごすこ...
ドレイモンド・グリーン

ドレイモンド・グリーン「レブロン・ジェイムスの出場時間は長すぎる」

現在3連勝中と調子を取り戻したかのように思えるクリーヴランド・キャバリアーズだが、チームには30歳以上のベテランプレイヤーが多く、疲労が問題となっている。 特に気になるのが、レブロン・ジェイムスの出場時間だ。 まだ15試合を終えた時点ではあるものの、今季はマイアミ・ヒートに移籍し...
ロンゾ・ボール

ロンゾ・ボール 居残り&早朝シューティング練習に励む

ロサンゼルス・レイカーズ期待のルーキーポイントガード、ロンゾ・ボールは、NBAデビュー以来ショットタッチに苦しんでいる。 今季のFG成功率は30.3%(53/175)、3P成功率は23.0%(17/74)、フリースロー成功率は50.0%(12/24)と精度を欠き、先日のフィラデル...
ジョナサン・シモンズ

ジョナサン・シモンズ「レブロン・ジェイムスと戦いたい」

ここ数年のNBAでは、クリーヴランド・キャバリアーズやゴールデンステイト・ウォリアーズ、オクラホマシティ・サンダー、ヒューストン・ロケッツなど、複数のスーパースターを擁するチームが増えている。 スーパースター同士が組めば、キャップスペースは圧迫されるものの、チームの底上げにつなが...

【スポンサーリンク】