【スポンサーリンク】

コラム

Category
チャールズ・バークレー

チャールズ・バークレー シクサーズは「最もバカな組織」

フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードは、先日のインディアナ・ペイサーズ戦の前に腰を痛め、出場できるか分からない状態にあった。 それでも出場したものの、痛みのためか精彩を欠き、ベンチで大半を過ごすという選択肢もあった。 だが、シクサーズはエンビードを起用し続...
ブラッドリー・ビール

ブラッドリー・ビール「プレイオフに進出する」

今季のワシントン・ウィザーズは難しい状況を強いられている。 だが、1月に入ると徐々に調子を取り戻し、現在19勝26敗でイースタン・カンファレンス10位。 オールスターポイントガードのジョン・ウォールが今季全休となってしまったものの、エースのブラッドリー・ビールはプレイオフに進出で...
デニス・スミスJr

リック・カーライルHC デニス・スミスJrに「戻ってきてもらいたい」

ダラス・マーベリックスのデニス・スミスJrは自身の役割に満足できず、他チームへのトレードを希望していると報じられた。 マブスは相応の見返りがない限りスミスJrを放出しないとしているが、スミスはインディアナ・ペイサーズ、ミルウォーキー・バックスとのロードゲームに帯同しないことを決断...
エネス・カンター

エネス・カンター ヒドゥ・ターコルーは「飼われてる犬のようなもの」

元NBAプレイヤーであるヒドゥ・ターコルーは現在、トルコ大統領のチーフアドバイザーを務めている。 そのターコルーは先日、ニューヨーク・ニックスのエネス・カンターがロンドンに帯同できない理由を「暗殺される可能性があるから」とすると、「単なるビザとパスポートの問題」、「彼は注目を集め...
ロンゾ・ボール

レイカーズ対サンダー戦のレフェリー 誤審を認める

現地17日に行われたロサンゼルス・レイカーズ対オクラホマシティ・サンダー戦は、オーバータイムの末にアウェイのレイカーズが勝利した。 レギュレーション最終盤に3点のリードを奪っていたレイカーズだったが、オフェンスを仕掛けようとしたラッセル・ウェストブルックに対し、ロンゾ・ボールがフ...
デマーカス・カズンズ

デマーカス・カズンズ ウォリアーズは「最も嫌われてるチーム」

王者ゴールデンステイト・ウォリアーズにとって、今季はスリーピートをかけた重要なシーズンだ。 スリーピートを達成すれば、この先長く語り継がれるチームとなるのは間違いない。 オールスタープレイヤーを5人揃えるウォリアーズには批判の声も多いが、昨年夏に1年契約で加わったデマーカス・カズ...
レブロン・ジェイムス&カイリー・アービング

レブロン・ジェイムス カイリー・アービングの謝罪を受け入れる

2017年夏、オールスターポイントガードのカイリー・アービングはクリーヴランド・キャバリアーズにトレードを要求し、ボストン・セルティックスに移籍した。 当時のキャブスはレブロン・ジェイムスがリーダーとして牽引するチームであり、タイトル奪還を狙えるチームだった。 しかし、自身がリー...
グレッグ・ポポビッチ

グレッグ・ポポビッチHC 来季の去就は「分からない」

サンアントニオ・スパーズの名将グレッグ・ポポビッチHCは、間もなく70歳になる。 5年の延長契約最終年を迎えているポポビッチHC。 一部では今季限りでNBAチームのヘッドコーチ職を離れ、2019年のFIBAワールドカップと2020年東京オリンピックへ向けてチームUSAのヘッドコー...
カイリー・アービング

カイリー・アービング「レブロン・ジェイムスに謝罪しないといけなかった」

レブロン・ジェイムスと共にクリーヴランド・キャバリアーズをタイトル獲得に導いたカイリー・アービングは、2年前の夏にトレードを要求し、ボストン・セルティックスに電撃移籍した。 自身の力を高め、ファーストオプションとしてチームを牽引するプレイヤーになりたかったからだ。 そのアービング...
ヒドゥ・ターコルー

ヒドゥ・ターコルー エネス・カンターは「注目を集めようとしてる」

ニューヨーク・ニックスのエネス・カンターは、ロンドンゲームへの帯同を避けた。 トルコから暗殺されてしまう恐れがあるのを理由として挙げたカンターだが、ニックスはビザの問題で渡航できないと説明。 ニックスは政治的関与の疑問を避けるために「ビザの問題」としたのかもしれないが、かつてNB...

【スポンサーリンク】