ウォリアーズ

Tagged
ディアンジェロ・ラッセル

ドレイモンド・グリーン ディアンジェロ・ラッセルの逃げ腰に「イライラした」

ロサンゼルス・レイカーズのニック・ヤングとディアンジェロ・ラッセルは、先日のミルウォーキー・バックス戦で退場処分を科せられた。 ヤングはマルコム・ブログドンを激しく突き押すと、グレッグ・モンローがヤングに突進して押し返し、そのモンローをラッセルが突き飛ばした。 だが、ラッセルはモンローを一度突き飛ばしただけで、あとは乱...
スティーブ・カー

スティーブ・カー ラバー・ボールの発言に「子供たちの助けにならない」

「私の息子はすでにステフィン・カリーより良い」、「チャールズ・バークレーは私と1on1をしたがってない」、「私が全盛期ならマイケル・ジョーダンを1on1で抹殺できる」など強気の発言を繰り返しているラバー・ボールだが、ロンゾ・ボールをはじめとした3兄弟は父の発言をどう受け止めているのだろうか。 ラバー・ボールは「関係ない...
ステフィン・カリー

ステフィン・カリー ラバー・ボールの発言に「彼の息子が最高であることを願ってる」

UCLA1年生のロンゾ・ボールは、将来を期待されているプレイヤーのひとりだ。 父であるラバー・ボールは「息子はすでにステフ・カリーより良い」と自信満々に語り、これが物議を醸しだしている。 チャールズ・バークレーとラバー・ボールの口論にも発展しているが、予想だにしていなかったところから名があがったカリーは、まったく意に介...
ロンゾ・ボール

ラバー・ボール「息子はすでにステフィン・カリーより良いプレイヤー」

UCLA1年生のロンゾ・ボールは、将来を期待されている逸材のひとりだ。 NBAでスタープレイヤーになれる可能性を秘めたプレイヤーであり、ドラフトにエントリーすれば上位指名される可能性もある。 そして、ロンゾの将来性を誰よりも信じているのは父ラバー・ボールのようだ。 ラバー・ボールは息子ロンゾを次のように評価。sfgat...
クレイ・トンプソン&ステファン・カリー

ウォリアーズ スパーズ戦で主力4選手に休養を与える

ウェスタン・カンファレンスの頂上決戦であるゴールデンステイト・ウォリアーズ対サンアントニオ・スパーズ戦を楽しみにしていたファンには残念なお知らせだ。 ウォリアーズのスティーブ・カーHCは日本時間11日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦終了後、明日予定されているスパーズ戦でステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモン...
ジェイレン・ブラウン

ジェイレン・ブラウン ステフィン・カリーのジェスチャーに「何も言ってないのに」

ゴールデンステイト・ウォリアーズのステフィン・カリーは先日のボストン・セルティックス戦第3Q終了間際、マッチアップされていたルーキーのジェイレン・ブラウンをフェイクでかわし、難しい体制から3Pを決めてみせた。 オラクルアリーナのファンが沸く中、カリーはブラウンを指さすジェスチャーを見せたわけだが、ブラウンはなぜカリーが...
スティーブ・カー&ステフィン・カリー

スティーブ・カーHC 不調のステフィン・カリーに「続けろ、我が息子よ」

約2年ぶりとなる連敗を喫したゴールデンステイト・ウォリアーズだが、その大きな要因はケビン・デュラントの負傷離脱とステフィン・カリーの不調だろう。 日本時間3月5日に行われたニューヨーク・ニックス戦の前半でも思うようにショットを決めることができず、不振に喘いでいたカリー。 だが、後半に入ると調子を取り戻し、終わってみれば...
ステフィン・カリー

ブックメーカーの優勝オッズは依然ウォリアーズがトップ

クリーヴランド・キャバリアーズに連覇を阻まれたゴールデンステイト・ウォリアーズは、王座奪還のためにケビン・デュラントをロスターに加えることに成功した。 デュラントは負傷離脱し、約2年ぶりとなる連敗を喫してしまったものの、ウォリアーズは現時点で50勝に到達している唯一のチームだ。 そんな中、ブックメーカー大手のウィリアム...
チャールズ・バークレー

チャールズ・バークレー「ケビン・デュラント抜きならウォリアーズの優勝の可能性はゼロ」

辛口コメンテイターのチャールズ・バークレーは昨季、ゴールデンステイト・ウォリアーズが連覇を逃すと予想した。 結果的だけを見るとバークレーの予想が的中した形となったわけだが、ウォリアーズがファイナルで3勝1敗とリードした時はバークレーも焦ったことだろう。 そして、今季もウォリアーズのプレイオフ脱落を予想したようだ。 バー...
ケビン・デュラント

ケビン・デュラント グレード2の膝内側側副靱帯捻挫で無期限離脱

ゴールデンステイト・ウォリアーズのケビン・デュラントはワシントン・ウィザーズ戦でザザ・パチュリアと接触し、膝を負傷した。 長期離脱が危惧されていたデュラントだったが、最悪の事態には至らなかったようだ。 ウォリアーズによると、デュラントはグレード2の膝内側側副靱帯捻挫、および脛骨の打撲と診断されたという。 4週間後に再検...