【スポンサーリンク】

2012-13ルーキー・オブ・ザ・イヤー候補選手を紹介

2012-13シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤーには、ポートランド・トレイルブレイザーズのダミアン・リラードが選出された。

今回は、ルーキー・オブ・ザ・イヤーに挙がっていたその他のプレイヤーを紹介しよう。

アンソニー・デイビス(NOH)

セカンドプレイス96票、サードプレイス18票、トータル306票を集め、第2位に選出。

ケンタッキー大出身のデイビスは、平均13.5得点、8.20リバウンド、1.0アシストをマークしている。

その他の主な記録は以下の通り。

  • FG成功率51.6%(リーグ23位)
  • リバウンド数522本(同44位)
  • 平均ブロック本数1.75本(同11位)
  • ブロック数112本(同15位)
  • オフェンシブ・リバウンド本数165本(同38位)
  • ダブルダブル22回(同29位)

ブラッドリー・ビール(WAS)

セカンドプレイス14票、サードプレイス52票、トータル94票を獲得し、第3位に選出。

フロリダ大出身のビールは、平均13.9得点、3.80リバウンド、2.4アシストをマークしている。

その他の主な記録は以下の通り。

  • 3P成功率38.6%(リーグ41位)

アンドレ・ドラモンド(DET)

セカンドプレイス5票、サードプレイス21票、トータル36票を集め、第4位に選出。

コネチカット大出身のドラモンドは平均7.9得点、7.60リバウンド、0.5アシストをマークしている。

その他の主な記録は以下の通り。

  • オフェンシブリバウンド169本(リーグ37位)
  • 95ブロック(同22位)

ディオン・ウェイターズ(CLE)

セカンドプレイス2票、サードプレイス15票、トータル21票を集め、第5位に選出。

シラキュース大出身のウェイターズは、平均14.7得点、2.40リバウンド、3.0アシストをマークしている。

ハリソン・バーンズ(GSW)

セカンドプレイス1票、サードプレイス5票、トータル8票を集め、第6位に選出。

ノースカロライナ大出身のバーンズは、今季平均15.6得点、5.60リバウンド、1.2アシストをマークしている。

クリス・コープランド(NYK)

セカンドプレイス2票、サードプレイス2票、トータル8票を集め、第7位に選出。

コロラド大出身のコープランドは、平均8.7得点、2.10リバウンド、0.5アシストをマークしている。

その他の主な記録は以下の通り。

  • 3P成功率42.1%(リーグ13位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA