【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツvsサンアントニオ・スパーズ 12月1日結果

ヒューストン・ロケッツvsサンアントニオ・スパーズ 12月1日結果

日本時間12月1日に行われたヒューストン・ロケッツ対サンアントニオ・スパーズ戦は、112-106でアウェイのロケッツが勝利した。

前半で11点のリードを奪ったロケッツだが、後半に入ると昨季の準優勝チーム、スパーズに猛攻を仕掛けられる。
ベンチから出場したマヌ・ジノビリとマルコ・ベリネリに活躍を許し、リードを3点に縮められ第4Qへ。

第4Qでは一進一退の展開となるも、106-106の同点で迎えた残り31.4秒、ジェイムス・ハーデンのミスショットをパトリック・ビバリーが押し込む。
スパーズが取ったタイムアウト後、逆転を狙ったジノビリの3Pは外れ、ハーデンがリバウンド。
ハーデンはファウルを仕掛けられる前に、相手陣内へ走っていたチャンドラー・パーソンズにパス。
パスを受けたパーソンズが豪快なダンクを決め、スパーズに引導を渡した。

ゲームハイの31得点、7リバウンド、6アシストを記録したハーデンは、
「大きな勝利だよ。去年、彼ら(スパーズ)にはなかなか勝てなかったからね。彼らはいろんな手で俺らを苦しめてきたけど、今年の俺たちは対応できるんだ。ものすごく良いことだよね。サンアントニオでの試合はいつもタフ。今日は勢いを見せることができたし、大きな勝利だよ」
とコメントした。

一方、今季初めてホームゲームを落としたスパーズだが、依然14勝3敗、ウェスタン・カンファレンス首位と好調を維持している。

20得点、8リバウンド、3ブロックショットを挙げたティム・ダンカンは、
「相手チームにドワイト(・ハワード)がいれば、当然インサイドに集中するよね。そうなるとアウトサイドをオープンにさせてしまうんだ。彼らはそれをうまく利用してる。本当に手ごわいチームだよ」
とロケッツのプレイを称賛した。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ヒューストン・ロケッツ 30 27 26 29 112
サンアントニオ・スパーズ 24 22 34 26 106

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

サンアントニオ・スパーズ スタッツ

先発メンバー
ロケッツvsスパーズ ハイライト動画
J・ハーデン ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA