【スポンサーリンク】

ロサンゼルス・クリッパーズvsボストン・セルティックス 12月12日結果

ロサンゼルス・クリッパーズvsボストン・セルティックス 12月12日結果

日本時間12月12日に行われたロサンゼルス・クリッパーズ対ボストン・セルティックス戦は、96-88でアウェイのクリッパーズが勝利した。

昨季までセルティックスを指揮していたドック・リバースHCにとって初めてのボストン凱旋となったこの試合、序盤でリードを奪ったのはセルティックス。
ハーフタイムまでに6点のリードを奪い、後半を迎える。

だが、リバースHC率いるクリッパーズはクリス・ポールのレイアップ、デアンドレ・ジョーダンのダンクなどで点差を縮め、第3Q終了時にはクリッパーズが2点リード。

第4Qでも一進一退の攻防が繰り広げられるものの、85-83とクリッパーズがリードして迎えた第4Q残り2分34秒からジャマール・クロフォードが3Pを2本連続して成功させ、セルティックスに引導を渡した。

大歓声に包まれた凱旋試合を勝利で飾ったリバースHCは、
「本当に素晴らしい日になったよ。私にとって、ここは特別な場所。ボストンのファンはチームを盛り上げてくれるし、選手たちを愛してくれているんだ。10年前にボストンへ来ることを決めたけど、私にとってベストな決定だったよ」
と涙を堪えながらコメント。

また、試合を決める2本の3Pを成功させたクロフォードは、
「本当に特別な勝利だよ。彼(リバースHC)も感動してたしね。彼の心の内ではいろんな感情があるんじゃないかな」
と話した。

クリッパーズと正式契約を結んだスティーブン・ジャクソンは、約12分の出場で無得点に終わっている。

一方、惜しくも敗れたセルティックスだが、昨季までリバースHCの指導を仰いでいたジェフ・グリーンは、ゲームハイの29得点を記録。

試合後には、
「感傷的にはなってない。俺たちはただ試合に勝つために戦ったまでだよ」
と冷静に話し、会場を後にした。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ロサンゼルス・クリッパーズ 20 19 27 30 96
ボストン・セルティックス 23 22 19 24 88

ロサンゼルス・クリッパーズ スタッツ

先発メンバー

ボストン・セルティックス スタッツ

先発メンバー
クリッパーズvsセルティックス ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA