ジェイソン・コリンズ 引退を検討か?

【スポンサーリンク】

ジェイソン・コリンズ

アメリカの4大プロスポーツにおいて初めて同性愛者であることを公に告白したジェイソン・コリンズは、2014-15シーズンも現役を続行するか決断していない。

ブルックリン・ネッツのロッカールームではベテラン選手としてのリーダーシップが期待されていたものの、ネッツにはすでに偉大なベテラン、ケビン・ガーネットがいる。

任される役割がほとんどなくなってしまった35歳のコリンズだが、現役続行か引退かで迷っているという。

「前はバックボードの上まで簡単に届いてたんだけど。歳をとるに連れて、だんだん上まで届かなくなるんだ。時の流れには逆らえないよね。でも、まだダンクできるよ」

なお、現在FAのコリンズは、まだどのチームとも契約を結んでいない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA