【スポンサーリンク】

デマーカス・カズンズ 新加入のダレン・コリソンに期待を寄せる

デマーカス・カズンズ

このオフにサクラメント・キングスは先発ポイントガードのアイザイア・トーマスを放出し、ロサンゼルス・クリッパーズからダレン・コリソンを迎え入れた。

トーマスは得点力のあるポイントガードだが、センターのデマーカス・カズンズによるとコリソンがポイントガードを務めることにより、これまでと比べてボールが回るようになるという。

ポイントガードの変更について、カズンズは次のように話している。

 

「(ポイントガードの変更は)素晴らしいと思う。ボールがより回るようになるからね」

カズンズの言うように、確かにキングスのボール回しは改善するかもしれない。

昨季、トーマスは出場した試合時間の22%でボールを保持。
一方のコリソンはボール保持率14%となっているため、明らかにボールが回るようになるだろう。

ただ、重要なのはチームが勝利するということだ。

新シーズンはカズンズにボールを集める機会が増えそうだが、カズンズはそれをチャンスに変えなければならない。

NBAトップセンターの名声を得るためにも、カズンズにとって2014-15シーズンはステップの年となる。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA