ケビン・ガーネット ウルブズでの現役続行はほぼ確実か?

【スポンサーリンク】

ケビン・ガーネット

現役続行か、それとも引退か去就が注目されているミネソタ・ティンバーウルブズのケビン・ガーネットが、少なくともあと1年はウルブズで現役を続けるようだ。

TwinCities.comによると、FAのガーネットはほぼ確実にウルブズと再契約を結ぶという。

また、フリップ・ソーンダースHCが来季もヘッドコーチを続投するのもほぼ確実と伝えられている。

ケビン・ガーネットのウルブズ復帰は、ファンに歓喜をもたらした。

ウルブズ復帰後は怪我もあり、わずか5試合に出場にとどまったものの、若手選手が多いウルブズにとって、ガーネットは精神的支柱であり、師でもある。

特に今年のドラフトで獲得したビッグマン、カール・アンソニー・タウンズの育成に期待したいところだ。

39歳のガーネットは昨季、ウルブズでの5試合で平均7.6得点、5.2リバウンド、1.0スティール、FG成功率58.1%を記録。

キャリア20年では通算1424試合に出場し、平均18.2得点、10.2リバウンド、1.3スティール、1.4ブロックショット、FG成功率49.7%、フリースロー成功率79.0%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    KGも引退と言われてからも、長く続いてますね。
    ファンとしてはまだまだやって欲しいですねー。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      来季も腕立てを期待してます(笑)

*

CAPTCHA