デアンドレ・ジョーダン マブスファンとマーク・キューバンに謝罪

【スポンサーリンク】

ダラス・マーベリックスとの契約合意を破棄したデアンドレ・ジョーダンは、ロサンゼルス・クリッパーズとの再契約を決断した。

猶予期間中に契約合意を破棄すること自体、ルール上は問題ない。

だが、マーク・キューバンやチャンドラー・パーソンズからの連絡を一切受け取らないままクリッパーズと再契約したことにはモラルが問われるところだ。

クリッパーズとの正式契約の翌日、ジョーダンは事の重大さを認識し、Twitterでマブスファンとキューバンに謝罪した。

友人であり、ジョーダン獲得に動き回ったパーソンズに対する謝罪のコメントはないが、おそらく電話で直接謝罪したのだろう。

とはいえ、謝罪のタイミングは遅過ぎたと言わざるを得ない。

マブスホームでの対戦では、ジョーダンにブーイングの嵐が吹き荒れること必至だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA