ウルブズとペイサーズがトレードに合意 チェイス・バディンガーがペイサーズへ

【スポンサーリンク】

ミネソタ・ティンバーウルブズとインディアナ・ペイサーズがトレードに合意した模様。Yahoo Sportsが伝えている。

このトレードでウルブズはチェイス・バディンガーをペイサーズへ放出し、代わりにフォワードのダムヤン・ルデスを獲得する見込みだという。

2009年のドラフト全体44位指名でリーグ入りしたバディンガーは、キャリア6年で通算341試合に出場し、平均8.6得点、3.2リバウンド、1.2アシスト、FG成功率42.9%、3P成功率35.8%を記録。

2012年のトレードでヒューストン・ロケッツからウルブズへ移籍すると、その後2シーズンは怪我に苦しんだ。

昨季はウルブズで67試合に出場し、平均6.8得点、3.0リバウンド、1.0.アシスト、FG成功率43.3%、3P成功率36.4%を記録している。

一方、ウルブズへ移籍するクロアチア出身のルデスは、昨季からリーグ入り。

クロアチア代表チームに選出されているルデスは昨季、ペイサーズで68試合に出場し、平均4.8得点、FG成功率45.2%、3P成功率40.6%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA