ティム・ダンカン 投資被害額は2000万ドル以上か!?

【スポンサーリンク】

サンアントニオ・スパーズのティム・ダンカンは現在、元フィナンシャルアドバイザーを相手に100万ドル以上の損害賠償を請求し、裁判を起こしている。

元フィナンシャルアドバイザーであるチャールズバンクのアドバイスを受け、ダンカンは投資に成功。

だが、ダンカンに知らされないまま収益の20%をチャールズバンクに抜き取られていた。

さらに、チャールズバンクはダンカンのサインを偽造したともされている。

事件発覚当時、ダンカンの被害額については明らかにされていなかったが、Bloomberg Newsによると、ダンカンは総額2000万ドル以上の被害を受けたという。

ダンカンがキャリアで稼いだ金額から見れば、雀の涙程度の被害額かもしれない。

だが、「騙された」という事実は変わらない。

なお、ダンカンは2000万ドルという被害額について次のようにコメント。Bloomberg Newsが伝えている。

 

「幸いなことに、長いキャリアで多くのお金を稼いできた。(被害額は)大きいよ。でもどんな形であれ、俺の人生を変えることはないだろうね」

キャリアで数億ドルを稼いできたとされるダンカンだけに、余裕の受け答えだ。

一方、告訴されたチャールズバンクは、ダンカン側の主張を否定している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA