スティーブ・ブレイク トレードでピストンズへ移籍

【スポンサーリンク】

ブルックリン・ネッツとデトロイト・ピストンズ間でトレードが成立した模様。両チームが公式ホームページで発表している。

このトレードでピストンズはベテランポイントガードのスティーブ・ブレイクを獲得。代わりにクインシー・ミラーをネッツへ放出した。

なお、nbcsports.comによると、ミラーは解雇される見込みとなっているようだ。

ピストンズにはレジー・ジャクソンとブランドン・ジェニングスというポイントガードがすでにいるが、ブレイクは両選手のバックアップとして起用されるだろう。

また、スモールラインナップで戦う際には、シューターとして起用される可能性もある。

キャリア12年のブレイクは、これまでワシントン・ウィザーズ、ポートランド・トレイルブレイザーズ、ミルウォーキー・バックス、デンバー・ナゲッツ、ロサンゼルス・クリッパーズ、ロサンゼルス・レイカーズ、ゴールデンステイト・ウォリアーズでのプレイを経験。

昨季はブレイザーズでプレイし、レギュラーシーズン81試合の出場で平均4.3得点、1.7リバウンド、3.6アシスト、FG成功率37.3%、3P成功率35.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA