ポール・ジョージ ポジションのコンバートに自信

【スポンサーリンク】

来季のインディアナ・ペイサーズはスモールラインナップを採用し、エースのポール・ジョージはパワーフォワードのポジションでプレイすると見られている。

これまでとは違うポジションでのプレイとなるうえ、シーズンほぼ全休となった大怪我から復帰したばかりということもあり、不安を感じているファンも多い。

だが、ジョージはポジションのコンバートに自信を持っているようだ。ジョージのコメントをindianapolis Starが伝えてた。

 

「俺はボールプレイヤー。コート上ならどこにでも配置してくれ」

「パワーフォワードのポジションでは30分プレイしないだろうね。必要ならなんでもやる。もし俺が数分パワーフォワードのポジションでプレイしないといけないとしても、全然構わないよ」

すでにパワーフォワードのポジションでの練習を重ねているというジョージだが、センターのロイ・ヒバート、パワーフォワードのデイビッド・ウェストを放出したということもあり、来季はインサイドでのプレイをより求められるかもしれない。

とはいえ、スコアラーを豊富に揃えるペイサーズだけに、来季は期待したいところだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA