セルティックス ポイントガードのフィル・プレッシーを解雇へ

【スポンサーリンク】

ボストン・セルティックスがキャリア2年のポイントガード、フィル・プレッシーを解雇する模様。the Boston Heraldが伝えた。

プレッシーは非保証契約下にあったが、日本時間16日までに解雇しなければ残りの契約は保証されることになる。

なお、ゴールデンステイト・ウォリアーズとのトレードでデイビッド・リーを獲得したセルティックスは、このトレードにプレッシーを含めることを検討していたようだ。

セルティックスのダニー・エインジはプレッシーの解雇について次のようにコメントしている。

 

「フィルを解雇するのは、我々にとって非常に厳しい決断だ」

2013-14シーズンからセルティックスでプレイしたプレッシーは、キャリア2年で通算125試合に出場し、平均3.1得点、2.9アシスト、FG成功率33.3%、3P成功率25.7%を記録。

昨季はレギュラーシーズン50試合に出場し、平均3.5得点、2.3アシスト、FG成功率36.8%、3P成功率24.6%記録した。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    ロンドが出て行ってプレイタイムが増えると思ったらアイザイアが来た挙句に解雇されたでござる

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      まあルーク・リドナーよりマシかなと(^_^;)

*

CAPTCHA