レイカーズ残留濃厚のニック・ヤング「気分が良い」

【スポンサーリンク】

昨季終盤あたりから、ロサンゼルス・レイカーズのニック・ヤングにはトレードの噂が浮上していた。

昨季のシックスマン・オブ・ザ・イヤーを受賞したルー・ウィリアムスを獲得したことにより、ヤングのトレード説も一時加熱したが、レイカーズのフロントがヤングのトレード説を否定。

それ以降トレードの噂が出ていないところを見ると、来季もレイカーズのメンバーとしてプレイすることになるだろう。

そのヤングがミッチ・カプチャックGMと話し合いの場を設けた模様。

the Los Angeles Daily Newsによると、何について話し合ったかは明らかになっていないものの、ヤングは話し合い後に「気分が良い」とコメントしたという。

ヤングの発言から、少なくともヤングはローテーションに含まれるものと考えられる。

とはいえ、コービー・ブライアント、ウィリアムス、そしてヤングの起用法が気になるところだ。

なお、昨季のヤングはレギュラーシーズン42試合に出場し、平均13.4得点、2.3リバウンド、1.0アシスト、FG成功率36.6%、3P成功率36.9%を記録。
FG成功率はキャリアワーストに終わった。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA