ロイ・ヒバート「オールスターのディフェンスレベルでプレイする」

【スポンサーリンク】

トレードでロサンゼルス・レイカーズに加わった元オールスターセンターのロイ・ヒバートにとって、来季はキャリアをかけたシーズンになるとも言えるだろう。

ここ数年のレイカーズは低迷を続けており、特にディフェンスが課題となっている。

インディアナ・ペイサーズでインサイドの守護神として活躍してきたヒバートには、レイカーズのディフェンスの建て直しに貢献してもらいたいところだ。

レイカーズもヒバートのディフェンスに期待しており、ヒバート自身もそれを理解している様子。ヒバートのコメントをthe Orange County Registerが伝えた。

 

「オールスターのディフェンスレベルでプレイすると思う。すべては後から付いてくるだろう」

昨季のヒバートはペイサーズで76試合に出場し、平均10.6得点、7.1リバウンド、1.6ブロックショット、FG成功率44.6%、フリースロー成功率82.4%を記録。

出場時間の減少に伴い、平均ブロックショット数はルーキーシーズンに次ぐ低い数字に終わった。

レイカーズではおそらく十分な出場時間が与えられるだろう。

それをものにするかしないかは、ヒバート次第だ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA