ハリソン・バーンズ ウォリアーズ残留を希望

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズのハリソン・バーンズは、日本時間11月1日までに延長契約に合意できなければ、来季終了後に制限付きFAとなる。

ウォリアーズのタイトル獲得に貢献しただけに、ウォリアーズがバーンズを手放す可能性は低いと言えるだろう。

だが、制限付きFAになれば他チーム移籍の噂が浮上するのは必至だ。

昨年夏にはクレイ・トンプソンと4年7000万ドルの延長契約を結んだだけに、バーンズとの延長契約についても注目が集まっているが、バーンズはウォリアーズとの長期契約を希望している模様。バーンズのコメントをmercurynews.comが伝えた。

 

「俺らはチャンピオンシップに勝った。もちろん、この先何年も共にあって欲しいと思ってるよ。俺が言ってることが分かる?はっきりしてるよね」

「ジョー・ラコブはチームのメンバーをキープするって声高に話している。だから、どうなるかは特に気にしてないんだ」

延長契約という言葉は出さなかったものの、ウォリアーズとの長期契約を希望しているのは明らかだ。

昨季はレギュラーシーズン82試合すべてで先発出場し、平均10.1得点、5.5リバウンド、FG成功率48.2%、3P成功率40.5%を記録。

プレイオフでも全21試合先発出場しているだけに、仮に延長契約を結ばなかったとしても、来年オフのウォリアーズは他チームのいかなるオファーにもマッチするだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA