ヒートのジャスティス・ウィンスロー ルーキーシーズンの課題をあげる

【スポンサーリンク】

デューク大学出身のフォワード、ジャスティス・ウィンスローは、ルーキーシーズンをマイアミ・ヒートでプレイする。

これまでと異なる環境でプレイしなければならないわけだが、大学時代より激しいフィジカルゲームとタイトなスケジュールに慣れることが第一だろう。

ウィンスローもそれを自覚し、課題としてあげているようだ。ウィンスローのコメントをthe Miami Heraldが伝えた。

 

「今まで以上の試合数、フィジカル、連戦。これらを通して戦う方法を見つけないといけない」

「ドウェイン(・ウェイド)がいることが、大学からプロへの移行を助けてくれてる。俺らは何でも話す関係なんだ。ライフスタイルからシーズンの長さ、体をケアする方法、ダイエットと栄養。すべてにアジャストできるよう、彼が俺をサポートしてくれてるからね」

サマーリーグでは足首に軽い捻挫を負ってしまったものの、6試合の出場で平均9.0得点、2.2リバウンド、1.5アシスト、FG成功率33.8%、3P成功率31.2%を記録したウィンスロー。

サマーリーグ最初の3試合では二桁得点を続けていただけに、将来的にはヒートのローテーションの一部として貢献してくれるに違いない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA