サージ・イバカ 復帰の目処は未だ立たず

【スポンサーリンク】

オクラホマシティ・サンダーのサージ・イバカは、3月に膝を手術した当時、4~6週間の離脱見込みとされていた。

サンダーがプレイオフ進出を逃したことにより、イバカはより多くの時間をリハビリに費やすことができたのだが、手術から4カ月以上が経過した今でもプレイの許可が下りていない模様。

Yahoo Sportsによると、南アフリカで初開催されるグローバルゲームでチームアフリカのメンバーに選出されたイバカは、現地には帯同するものの、エキシビションマッチの出場は見合わせる可能性が高いという。

2年前のプレイオフではふくらはぎを負傷するも、驚異的な回復力でプレイオフ中に復帰を果たしたイバカだが、今回ばかりは回復に時間がかかっているようだ。

ただし、トレーニングキャンプまでには復帰できる見込みとなっている。

来季はケビン・デュラントも復帰し、タイトル獲得を狙うサンダーだが、ディフェンスに定評のあるイバカの完全復帰もタイトル獲得のひとつの鍵となるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By バッシュはアシックス派

    大丈夫かなあ、古傷にならなきゃ良いが。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      あのプレイオフでの奇跡の復活が嘘みたいですよね(;_;)

      来季はサンダーにとっても勝負の年になると思うので、万全な状態で開幕を迎えてほしい!

*

CAPTCHA