レブロン・ジェイムス ケビン・デュラントについて「6フィートのボールハンドリングとジャンプショットを持つ7フッター」

【スポンサーリンク】

歴代トップクラスのアスリートとして知られるクリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズは、これまで数々のスター選手と対決してきた。

日本時間18日にはケビン・デュラント擁するオクラホマシティ・サンダーと対戦し、接戦を制したキャブスだが、ジェイムスはこの試合前、デュラントを称賛していた模様。ジェイムスのコメントをESPNが伝えている。

「彼(デュラント)は、6フィートのボールハンドリング技術とジャンプショットを持つ7フッターなんだ。それに熱さもある。俺らのリーグで彼のような選手はいなかったよね。あんなに飛べて、シュートを打てて、ボールハンドリング技術がある7フッターは今までいなかったよ」

昨季は度重なる怪我に見舞われたものの、今季は以前のようなパフォーマンスを取り戻している。

20試合を終えた時点で、デュラントは平均27.2得点、7.7リバウンド、4.3アシスト、1.0スティール、1.3ブロックショット、FG成功率52.7%、3P成功率43.1%を記録。

このうちFG成功率と3P成功率はキャリアハイとなる数字だ。

リーグを代表するスター選手であるデュラントとジェイムスだが、プレイオフでは2012年のファイナルで対戦したのみ。

当時はジェイムス率いるマイアミ・ヒートが4勝1敗で制し、チャンピオンに輝いた。

今季はファイナルの大舞台で再び戦うことができるだろうか?

リーグを牽引する二人のスーパースターの対決をもう一度大舞台で見てみたいものだ。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    デュラントって7フィートあり?

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ないです!
      多分、リーチを含めて言ってるのかなと思ってます。

*

CAPTCHA