ロケッツ 新加入のエリック・ゴードンを先発起用か?

【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツの新ヘッドコーチに就任したマイク・ダントーニは、アップテンポゲームを得意としている。

2016-17シーズンはジェイムス・ハーデンをポイントガードのポジションで起用する可能性があることを示唆したダントーニHCだが、この夏に新たに加わったエリック・ゴードンを先発起用する考えを持っている模様。

ゴードンを先発起用する場合、パトリック・ビバリーをベンチ起用とするのだろうか?

それともビバリー、ハーデン、ゴードンを同時起用し、よりアップテンポなオフェンスを展開するのだろうか?

新シーズンのロケッツは新たなオフェンスを披露してくれそうだ。

なお、昨季のゴードンはレギュラシーズン45試合に出場し、平均32.9分のプレイで15.2得点、2.2リバウンド、2.7アシスト、1.0スティール、FG成功率41.8%、3P成功率38.4%を記録。

キャリア8年では通算417試合に出場し、平均33.9分のプレイで16.6得点、2.5リバウンド、3.3アシスト、1.1スティール、FG成功率43.5%、3P成功率38.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA