【スポンサーリンク】

ジェイムス・ハーデン「MVPを獲りにいく」

昨季MVPのジェイムス・ハーデンは、今季もMVPレベルのパフォーマンスを続けている。

クリス・ポールが離脱したことにより、ヒューストン・ロケッツは低迷が危惧されたが、ハーデンの活躍で現在5連勝中。

このパフォーマンスを続けることができれば、ハーデンは今季もMVP最有力候補に挙げられるだろう。

ハーデン自身も2年連続となるMVPを狙いにいくようだ。

ハーデンは自身について次のようにコメント。houstonchronicle.comが伝えている。

「俺はそれ(MVP)を必要としてる。確かに必要としてる。獲りにいくよ」

「個人的には、毎晩そのプレイを見せないといけないし、ロッカールームにいる男たちが同じレベルにあるのを確かめないといけない。素晴らしい気分だ。俺は毎晩Aレベルのゲームをしていることを確かめないといけない。スコアリングだけじゃないよ。毎晩リーダーになるということさ」

昨季MVPのハーデン率いるロケッツは現地3日、過去に2年連続でMVPを受賞したステフィン・カリー、そして2年連続でファイナルMVPを受賞しているケビン・デュラント擁する王者ゴールデンステイト・ウォリアーズと対戦する。

チーム同士の争いはもちろん、新旧MVP対決にも注目が集まるだろう。

なお、今季のハーデンは33試合に出場し、平均36.9分のプレイで33.3得点(キャリアハイ)、5.8リバウンド、8.4アシスト、2.1スティール(キャリアハイ)、FG成功率44.2%、3P成功率38.7%を記録。

キャリアを通してオクラホマシティ・サンダーとロケッツでレギュラーシーズン通算720試合に出場し、平均34.0分のプレイで23.5得点、5.1リバウンド、6.2アシスト、1.5スティール、FG成功率44.3%、3P成功率36.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA