HC

Tagged
レブロン・ジェイムス

ティロン・ルーHC レブロン・ジェイムスのファーストラウンド連勝の理由は「素晴らしいコーチング」

クリーヴランド・キャバリアーズのレブロン・ジェイムスは、過去5年に渡ってプレイオフ・ファーストラウンドで敗戦を喫していない。 エリック・スポエストラ、デイビッド・ブラット、そしてルーの下でファーストラウンド連勝を続けているジェイムスだが、その秘訣は何なのだろうか? この質問を投げかけられたルーHCは、冗談を交えながら次...
カワイ・レナード

グレッグ・ポポビッチHC「カワイ・レナードはリーグのベストプレイヤー」

2016-17シーズンのMVPは、ヒューストン・ロケッツのジェイムス・ハーデン、もしくはオクラホマシティ・サンダーのラッセル・ウェストブルックが受賞するだろう。 その他、レブロン・ジェイムスやカワイ・レナードなどもMVP候補に挙がっているが、ハーデンとウェストブルックのどちらかが受賞する可能性が高い。 そんな中、スパー...
グレッグ・ポポビッチ

グレッグ・ポポビッチHC メンフィスのレストランで5000ドルをチップか?

サンアントニオ・スパーズのグレッグ・ポポビッチHCは、たとえ敵地であったとしても紳士的な対応をとる。 mySA.comによると、シリーズ第4戦の前にメンフィスのレストランを訪れたポポビッチHCは、飲食代の815.73ドルに加え、5000ドルをチップで渡したという。 Gregg Popovich out her givi...
ヤニス・アデトクンポ

ジェイソン・キッドHC「ヤニス・アンテトクンポは私より良い」

ミルウォーキー・バックスのジェイソン・キッドHCは、NBA史に名を残す偉大なポイントガードのひとりだ。 だが、恵まれたフィジカルを持つヤニス・アンテトクンポに嫉妬しているのかもしれない。 スターダムを駆け上がるアンテトクンポについて、キッドHCは次のようにコメント。sportsnaut.comが伝えている。 「私にも身...
スティーブ・カー

スティーブ・カーHC 病気でファーストラウンド全休か?

ゴールデンステイト・ウォリアーズのスティーブ・カーHCは、ポートランド・トレイルブレイザーズとのプレイオフ・ファーストラウンド第3戦を病気で欠場した。 そして、ファーストラウンド全休の可能性が出てきたようだ。 the San Jose Mercury Newsによると、カーHCの病名は明かされていないものの、現時点でフ...
カワイ・レナード

デイビッド・フィッツデールHC「カワイ・レナードは息をしてなかった」

デイビッド・フィッツデールHC率いるメンフィス・グリズリーズは、サンアントニオ・スパーズとのプレイオフ・ファーストラウンドで劣勢を強いられている。 その大きな要因は、やはりカワイ・レナードだろう。 第1戦と第2戦でレナードはFG成功率71.4%を記録。 まさにグリズリーズの天敵となっているレナードだが、フィッツデールH...
ハッサン・ホワイトサイド

エリック・スポエストラHC「ディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーはハッサン・ホワイトサイドが受賞す...

2016-17シーズンのディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤーは誰が受賞するのだろうか。 2年連続で受賞しているサンアントニオ・スパーズのカワイ・レナードか、リーグトップの成績に貢献しているゴールデンステイト・ウォリアーズのドレイモンド・グリーンか。 他にも複数のプレイヤーがディフェンシブプレイヤー・オブ・ザ・イヤ...
ブレット・ブラウンHC

ブレット・ブラウンHC 過去の選手との出場時間の差について「ゲームが違う」

スタープレイヤーの休養欠場が問題となっているが、その要因のひとつとして挙がっているのが、過去のスタープレイヤーとの出場時間の比較だ。 かつてフィラデルフィア/サンフランシスコ・ウォリアーズ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズ、ロサンゼルス・レイカーズでプレイしたレジェンド、ウィルト・チェンバレンは、NBA記録となる...
グレッグ・ポポビッチ

グレッグ・ポポビッチHC「残り2試合は誰も休ませない」

すでにウェスタン・カンファレンス2位通過を決めたサンアントニオ・スパーズは、日本時間9日のロサンゼルス・クリッパーズ戦で主力全員を起用した。 だが、結果はクリッパーズが勝利。 グレッグ・ポポビッチHCはこの敗戦が気に食わなかったのだろうか。 レギュラーシーズン残り2試合は主力プレイヤーを休ませることなく、プレイオフへ向...
ブレット・ブラウン

ブレット・ブラウンHC「ルーキー・オブ・ザ・イヤーは我々のトロフィー」

2016-17シーズンのルーキー・オブ・ザ・イヤー筆頭候補に、フィラデルフィア・セブンティシクサーズのジョエル・エンビードとダリオ・サリッチが挙がっている。 エンビードはわずか31試合の出場に終わったため、事実上サリッチとミルウォーキー・バックスのマルコム・ブログドンの一騎打ちとなるだろう。 一方、プレイオフから長く遠...