【スポンサーリンク】

イアン・クラーク ウォリアーズとの対戦は「楽しみ」

イアン・クラーク ウォリアーズとの対戦は「楽しみ」

昨季までゴールデンステイト・ウォリアーズでプレイしていたイアン・クラークは、ニューオーリンズ・ペリカンズのメンバーとしてプレイオフを戦っている。

古巣とのカンファレンス・セミファイナル第1戦は大敗を喫したが、クラークは第2戦での巻き返しを誓っていることだろう。

クラークは古巣ウォリアーズとのシリーズが始まる前、次のようにコメントしていた。NOLA.comが伝えている。

「楽しみだね。彼らとの対戦を楽しみにしてる。彼らのうち大半の傾向を、俺は知ってる。勝利を手にするため、可能な限りチームを助けるよ」

そう話したクラークだったが、ウォリアーズとのシリーズ第1戦ではFG10本中3本、3P4本中1本の7得点に終わった。

第2戦ではウォリアーズを窮地に追い詰めるパフォーマンスを期待したいところだ。

なお、今季のクラークはレギュラーシーズン74試合に出場し、平均19.7分のプレイで7.4得点(キャリアハイ)、1.7リバウンド(キャリアハイ)、1.5アシスト(キャリアハイ)、FG成功率44.8%、3P成功率31.8%(キャリアワースト)を記録。

キャリアを通してユタ・ジャズ、デンバー・ナゲッツ、ウォリアーズ、ペリカンズでレギュラーシーズン通算270試合に出場し、平均13.1分のプレイで5.3得点、1.3リバウンド、1.1アシスト、FG成功率45.3%、3P成功率34.6%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA