【スポンサーリンク】

2012-13シーズン クラッチタイム得点ランキング【28位~30位】

今回は2012-13レギュラーシーズンのクラッチタイム(ラスト5分)得点ランキング28位~30位を振り返ってみたいと思う。

第28位 ルディ・ゲイ(TOR)

2012-13途中にラプターズへ電撃移籍。

スコアラーとして不調が続くチームを救済する。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均2.4得点
  • 平均出場時間4.2分
  • FG成功率36.4%
  • 3P成功率16.7%
  • プレイ効果率-0.2

第29位 ティム・ダンカン(SAS)

長年にわたってスパーズの主力として活躍。

ミドルレンジからのバンクショットは健在だ。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均2.4得点
  • 平均出場時間4.5分
  • FG成功率47.8%
  • FT成功率75.0%
  • プレイ効果率+1.4

第30位 アンダーソン・バレジャオ(CLE)

ハッスルプレイでチームを盛り立てるアンダーソン・バレジャオ。

昨季は手首の骨折、今季は肺血栓によって満足にプレイできていないが、チームの再興には欠かせない選手だ。

クラッチタイムスタッツ

  • 平均2.3得点
  • 平均出場時間4.3分
  • FG成功率47.1%
  • FT成功率80.0%
  • プレイ効果率-1.0

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA