【スポンサーリンク】

2012-13シーズン リバウンドランキング【1位~3位】

今回は2012-13レギュラーシーズンのリバウンドランキング1位~3位を振り返ってみたいと思う。

第1位 ドワイト・ハワード(LAL)

2012-13シーズン、レイカーズに電撃移籍。

批判が相次ぐなか、2013-14シーズンの去就が注目されている。

  • 平均12.4リバウンド(リーグ1位)
  • 平均17.1得点(同27位)
  • FG成功率57.8%(同2位)
  • 平均2.45ブロック(同5位)
  • ダブルダブル48回(同2位)
  • プレイ効果率+1.0

第2位 ニコラ・ブーチェビッチ(ORL)

2年目のシーズンを終えたニコラ・ブーチェビッチ。

移籍したD・ハワードに代わるセンターとして活躍した。

  • 平均11.9リバウンド(リーグ2位)
  • 平均13.1得点
  • FG成功率51.9%(同21位)
  • 平均1.03ブロック(同33位)
  • ダブルダブル46回(同3位)

オマー・アシック(HOU)

2012-13シーズンからロケッツでプレイ。

あらゆるスタッツで2011-12シーズンの数字を大きく上回った。

  • 平均11.7リバウンド(リーグ3位)
  • 平均10.1得点
  • FG成功率54.1%(同11位)
  • 平均1.06ブロック(同28位)
  • ダブルダブル33回(同14位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA