【スポンサーリンク】

2012-13シーズン リバウンドランキング【19位~21位】

今回は2012-13レギュラーシーズンのリバウンドランキング19位~21位を振り返ってみたいと思う。

第19位 ロイ・ヒバート(IND)

2012-13シーズンは平均ブロックショットでキャリアハイを記録。

オフェンス力の向上がペイサーズのさらなる躍進には必須だ。

  • 平均8.3リバウンド(リーグ19位)
  • 平均11.9得点
  • 平均2.61ブロック(同4位)
  • ダブルダブル23回(同24位)
  • トリプルダブル1回(同10位)

第20位 ブレイク・グリフィン(LAC)

ダイナミックなプレイが持ち味のブレイク・グリフィン。

2013年のプレイオフでは怪我に苦しんだが、2013-14シーズンこそチャンピオンを目指す。

  • 平均8.3リバウンド(リーグ20位)
  • 平均18.0得点(同19位)
  • FG成功率53.8%(同13位)
  • 平均1.21スティール(同38位)
  • ダブルダブル28回(同20位)

第21位 レブロン・ジェイムス(MIA)

チームの2連覇に大きく貢献したレブロン・ジェイムス。

ファイナルMVPに2年連続で選出された。

  • 平均8.0リバウンド(リーグ21位)
  • 平均26.8得点(同4位)
  • 平均7.3アシスト(同10位)
  • ダブルダブル36回(同11位)
  • トリプルダブル4回(同2位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA