【スポンサーリンク】

ポール・ジョージ 「No.1の称号が欲しい」

これまで数シーズンにわたってインディアナ・ペイサーズのオフェンスを牽引してきたのは、間違いなくダニー・グレンジャーだ。

2012-13シーズンは負傷に苦しみ、ファンの期待に応えることができなかったが、2013-14シーズンもグレンジャーのオフェンス能力にかかる期待は大きい。

D・グレンジャー ハイライトムービー

 

グレンジャーがオフェンスの中心であることについては、2012-13シーズンにMIP賞(シーズンを通して最も成長した選手に与えられる賞)を受賞したポール・ジョージも認めている。

だが、ジョージはチームのNo.1になることを虎視眈々と狙っているようだ。

「この夏、チームを牽引できる選手になるために猛特訓を積んでるよ。去年の今頃、まさがダニーが怪我でシーズンを離脱することになるとは思ってもいなかった。もちろん、まさか俺にダニーの代役を務めることになろうとは思ってなかったしね」

「今、俺はチームを牽引できるNo.1の男になるためにトレーニングを積んでいるんだ」

そう答えるジョージだが、ペイサーズのエースと呼ばれる日もそう遠くないかもしれない。

P・ジョージ ハイライトムービー
ポール・ジョージ 2012-13シーズンスタッツ
  • 平均17.4得点(リーグ25位)
  • 平均4.1アシスト(同37位)
  • 平均7.6リバウンド(同27位)
  • 平均1.81スティール(同8位)
  • FG成功率41.9%
  • FT成功率80.7%(同50位)
  • 3P成功率36.2%
  • ダブルダブル23回(同24位)
  • トリプルダブル1回(同10位)

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA