【スポンサーリンク】

ヒューストン・ロケッツvsユタ・ジャズ 12月3日結果

ヒューストン・ロケッツvsユタ・ジャズ 12月3日結果

日本時間12月3日に行われたヒューストン・ロケッツ対ユタ・ジャズ戦は、103-109でホームのジャズが勝利した。

今季初となる連勝をかけて臨んだジャズは、今季好調なロケッツを相手に第1Qからエンジン全開。
第1Qで13点のリードを奪い、試合を有利に進める。

第2Qではロケッツの反撃を許し、ハーフタイムを3点のリードで折り返す。
その後は拮抗した攻防が続くも、第4Q残り2分にマービン・ウィリアムスがスティールからダンクを決めると、アレック・バークスのランニングショット、さらにウィリアムスの3Pでリードを広げて勝利した。

残り2分から5得点を挙げたウィリアムスは、
「この勝利は大きね。彼ら(ロケッツ)は強かった。彼らにとって俺らのホームで戦うのは大変だと思うけど、俺らにとっても大きな挑戦だったよ」
とコメント。

また、スティールからダンクを決めたプレイについては、
「彼のコミュニケーションミスに助けられたようなものだよ。でも、あのプレイがブレイクポイントだったね」
と謙遜しながら話した。

一方、チャンドラー・パーソンズとジェレミー・リンを負傷で欠くロケッツは、連勝が5でストップ。

37得点、8アシストを挙げたジェイムス・ハーデンは、
「ディフェンスが悪かった。徐々に調子が戻ってきたけど、(第1Qで)点差を付けられすぎたね」
とコメント。

15得点、9リバウンドに終わったドワイト・ハワードは、
「俺たちはこれまでの試合でいろんなことを学んでいて、同じ過ちは繰り返していないんだ。チームとしても個人としてもまだまだ改善の余地があると思う。でもシーズン序盤だし、これからだよ」
と敗戦を前向きに捉えている。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
ヒューストン・ロケッツ 23 27 24 29 103
ユタ・ジャズ 36 17 29 27 109

ヒューストン・ロケッツ スタッツ

先発メンバー

ユタ・ジャズ スタッツ

先発メンバー
ロケッツvsジャズ ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA