【スポンサーリンク】

シカゴ・ブルズvsニューヨーク・ニックス 12月12日結果

シカゴ・ブルズvsニューヨーク・ニックス 12月12日結果

日本時間12月12日に行なわれたシカゴ・ブルズvsニューヨーク・ニックス戦は、78-83でホームのニックスが勝利した。

ブルズはデリック・ローズ、ルオル・デン、ジミー・バトラーを、ニックスはタイソン・チャンドラー、レイモンド・フェルトンを負傷で欠くという厳しい状況を強いられている両チーム。

この試合で先に主導権を握ったのは、昨季の得点王、カーメロ・アンソニー率いるニックスだ。
ハーフタイムまでに14点のリードを奪ったニックスは、第3Qもリードをキープ。
第4Q序盤には12-0のランを許し、残り3分38秒には同点にされるも、アマレ・スターダマイヤーのジャンパー、アンソニーのフリースローで逃げ切り、なんとか勝利を手にした。

30得点、10リバウンド、3スティールの活躍をみせたアンソニーは、
「kの試合を落としていたら、混乱して何も言えない状態になったと思うよ」
とコメント。

約30分プレイし、14得点、9リバウンド、2スティールを記録したスターダマイヤーは、
「この試合に勝てたのは大きい。プレイできて気持ちよかったよ。ハードにプレイしたけど、良いパフォーマンスができたと思う」
と自身の状態について話した。

ただ、気がかりなのは第3Q途中で膝を負傷したイマン・シャンパートの状態だ。
相手選手に膝をぶつけたシャンパートだが、現在の状態は明らかにされていない。
もしシャンパートが離脱を余儀なくされれば、ニックスはさらに苦しい状況に陥ってしまうだろう。

一方、一時は同点に追いつきながらも敗れたブルズは、これで3連敗。
ここ10試合で2勝8敗と、不調に陥っている。

11得点、4スティールを挙げたカーク・ハインリックは、
「良いショットを打てなかったよ。ターンオーバーも多かったしね。(連敗について)責任を感じてるよ」
と敗因を分析。

苦しい采配を強いられているトム・ティボドーHCは、
「選手不足については気にしてないよ。私にとって重要なのは、“チーム”、“次の対戦相手”、“チームの改善”に集中すること。それを避けてはいけない。うちのチームには選手がたくさんいるんだ。だから、選手不足を気にしてても良いことはないよ」
と前向きに話している。

1Q 2Q 3Q 4Q TOTAL
シカゴ・ブルズ 17 15 22 24 78
ニューヨーク・ニックス 15 31 22 15 83

シカゴ・ブルズ スタッツ

先発メンバー

ニューヨーク・ニックス スタッツ

先発メンバー
ブルズvsニックス ハイライト動画
C・アンソニー ハイライト動画

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA