【スポンサーリンク】

ナゲッツのジャベール・マクギー 開幕に間に合わない可能性も

ジャベール・マクギー

デンバー・ナゲッツにとって、昨シーズンはまさに悪夢のような一年だった。

ナゲッツをプレイオフへ導いてきたジョージ・カールHCがチームを去ると、シーズン中にはジャベール・マクギーやダニーロ・ガリナリ、ネイト・ロビンソン、JJ・ヒクソンらが負傷でこぞって離脱。

カールHCの後任となったブライアン・ショウHCも相当苦労したことだろう。

だが、2014-15シーズンこそプレイオフ復帰を狙うナゲッツに早くも暗雲が立ち込め始めている。

マクギーの回復が遅れており、シーズン開幕に間に合わない可能性があるというのだ。

The Denver Postによると、ショウHCはマクギーの状態について次のように話した模様。

 

「彼(マクギー)がやってるのは、コート上での練習とフィジカルのワークアウト。翌日に痛みを訴えたのは彼だけだったよ。でも、メディカルスタッフから聞いたんだけど、それはごく自然なことらしい。これからも痛みが出るだろうけど、時が経てば痛みも消えるって聞いた」

「開幕戦に間に合う可能性もある。だけど、痛みが完全になくなってることが条件。彼だけがまだ痛みを訴えてる状況だから、彼については慎重に判断するよ」

なお、マクギーとヒクソンに代わって、先発センターにはティモフェイ・モズゴフが起用される見込みだ。

2003-04シーズンから10年連続でプレイオフに出場し続けてきたナゲッツだが、その記録も昨季でストップ。
新シーズンはショウHC体制2年目、さらには主力選手も復帰してくることもあり、勝ち星を増やすことは十分可能だろう。

激戦のウェスタン・カンファレンスを勝ち抜くのは至難の業とはいえ、持ち味の爆発力あるオフェンスで強豪ひしめくウェストをかき回してもらいたい。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA