【スポンサーリンク】

JJ・レディック 背中の痙攣で無期限離脱へ

JJ・レディック

ロサンゼルス・クリッパーズのシューター、JJ・レディックが、背中の痙攣で離脱する模様。ESPNが伝えている。

対デンバー・ナゲッツ戦で背中を負傷し、対ユタ・ジャズ戦を欠場。
その後の3試合には出場したものの、背中の状態が万全ではないようだ。

ドック・リバースHCはレディックの負傷について次のようにコメントしている。

 

「ただの痙攣。デンバーとの試合でやったんだと思う。彼も理解してるが、おそらくプレイするべきはなかった。良くなるまで彼を休ませるつもりだよ」

もし背中の痙攣が数週間に及ぶようなら、オールスター・ウィークエンドの3Pコンテストを欠場する可能性もある。

今年の3Pコンテストにはステファン・カリーやクレイ・トンプソン、カイル・コーバー、カイリー・アービングらが出場予定。
注目を集めるのは必至なだけに、レディックは出場を願っていることだろう。

なお、今季のレディックは48試合に先発出場し、平均14.4得点、FG成功率46.6%、3P成功率43.2%を記録している。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA