【スポンサーリンク】

ジャズのイネス・カンター 期限までのトレードを要求か?

イネス・カンター

2011年のドラフト1巡目3位指名でユタ・ジャズに入団しイネス・カンターは、キャリア4年目の今季から先発に定着していた。

今季ここまで平均13.8得点、7.8リバウンドといずれもキャリアハイの数字を記録しているカンターだが、先日の対ダラス・マーベリックス戦の第4Qでは出場機会を与えてもらえず、これにカンターはひどく落胆しているようだ。

カンターは試合中に目を負傷したため、クイン・スナイダーHCとしては大事をとったのだろう。
だが、カンター本人はプレイを強く要望していたという。

この一件を受け、カンターがトレードを要求したという噂が浮上した。the Salt Lake Tribuneがカンターのコメントを伝えている。

 

「(第4Qで起用されなかったのは)俺の目が関係しているんじゃない。何があったのか分からないけど、目はまったく関係ないんだ。これから何が起こるのか見てみよう」

今季のジャズも苦しい時間を過ごしているが、2年目センターのルディ・ゴバートが台頭するなど、明るい材料はある。

後ろから迫るゴバートの存在に、カンターは少なくとも脅威を感じているのかもしれない。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA