スパーズのジム・ボイランAC ブルズのアシスタントコーチ就任へ

【PR】

ジム・ボイラン

サンアントニオ・スパーズでアシスタントコーチを2年間務めたジム・ボイランACが、シカゴ・ブルズのアシスタントコーチに就任した模様。

Yahoo Sportsによると、スパーズのグレッグ・ポポビッチHCはボイランACの残留を希望していたものの、最終的にはボイランACの昇給と昇進のチャンスを受け入れたという。

ボイランACはヒューストン・ロケッツ(1987-1992)、ゴールデンステイト・ウォリアーズ(2003-04)、ミルウォーキー・バックス(2004-05)、インディアナ・ペイサーズ(2011-13)でアシスタントコーチを歴任。

2013-14シーズンからスパーズのアシスタントコーチに就任したが、2014-15シーズンはユーロリーグ史上の偉大な50人の貢献者に選ばれたエットーレ・メッシーナがスパーズのアシスタントコーチに着任したことにより、メッシーナACに次ぐアシスタントコーチとして働いていた。

ボイランACはリーグのヘッドコーチ経験はないものの、経験が十分。
初めてリーグでのヘッドコーチを経験するフレッド・ホイバーグHCにとって、ボイランACの経験と手腕は大きなサポート材料となるだろう。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA


【スポンサーリンク】

メールで購読