サンダーとホーネッツ間でトレード!ジェレミー・ラムとルーク・リドナーが移籍

【スポンサーリンク】

ジェレミー・ラム

ドラフト直前の日本時間26日、オクラホマシティ・サンダーとシャーロット・ホーネッツがトレードに合意し、ジェレミー・ラムがホーネッツへ、ルーク・リドナーがサンダーへそれぞれ移籍する模様。両チームが公式ホームページで発表している。

リドナーにとって、目まぐるしい2日間となった。

オーランド・マジックからメンフィス・グリズリーズのトレードで移籍した直後、マット・バーンズとのトレードでホーネッツへ移籍。

そしてラムとのトレードでサンダーへ移籍し、ここ2日間で3チームを渡り歩いた。

このトレードで、サンダーは2016年のドラフト2巡目指名権も獲得する。

ホーネッツへ移籍したラムは、同じく新加入のニコラス・バトゥームもしくはマイケル・キッド・ギルクリストのバックアップとして起用されるだろう。

2012年のドラフト12位でヒューストン・ロケッツから指名されたラムは、直後にサンダーへ移籍。

キャリア3年目の2014-15シーズンはサンダーで47試合に出場し、平均6.3得点、2.3リバウンド、0.9アシスト、FG成功率41.6%、3P成功率34.2%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA