ネッツ ジョー・ジョンソンを来季もキープか?

【スポンサーリンク】

来季のブルックリン・ネッツは、ブルック・ロペスを中心としたチーム構成になると言われている。

サラリー上で問題となっていたデロン・ウィリアムスと契約のバイアウトに合意し、さらにはジョー・ジョンソンのトレードも噂されていたが、ESPNによると、ネッツはジョンソンのキープを決断したという。

ウィリアムスの放出によってサラリーキャップにある程度の余裕が生まれたことが要因なのだろう。

これが吉と出るか、それとも凶と出るかは来季になってみないと分からない。

なお、ジョンソンにはクリーヴランド・キャバリアーズが興味を示していた。

ネッツでプレイした昨季、ジョンソンはレギュラーシーズン80試合に出場し、平均14.4得点、4.8リバウンド、3.7アシスト、FG成功率43.5%、3P成功率35.9%を記録。

プレイオフでは6試合に出場し、平均16.5得点、7.7リバウンド、4.8アシスト、1.2スティール、FG成功率36.2%、3P成功率29.3%を記録した。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA