カイリー・アービング「全員が健康ならチャンピオンシップに勝利してた」

【スポンサーリンク】

ゴールデンステイト・ウォリアーズとのプレイオフファイナルで、クリーヴランド・キャバリアーズはカイリー・アービングとケビン・ラブという2大スター選手を欠いて戦った。

アービングとラブにとってキャリア初のプレイオフだっただけに、相当な意気込みで臨んだことだろう。

だが、ラブはファーストラウンドで負傷離脱し、アービングもファイナル第1戦で離脱。

レブロン・ジェイムスが獅子奮迅の活躍を見せるも、ウォリアーズ相手に2-4で敗れた。

そんな中、アービングが昨季のプレイオフについて言及した模様。アービングのコメントをslamonline.comが伝えている。

 

「俺ら全員が健康な状態だったら、明らかに俺らがNBAチャンピオンシップにに勝ってたと思うんだ」

ラブとアービングが健康な状態でファイナルを戦えていれば、より熱い戦いになっていたに違いない。

とはいえ、タラレバの話だ。

キャブスとアービングにとって、来季こそが真価を問われるシーズンとなるだろう。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 匿名

    運がないとしか言いようがないですね。例えば、1989-1990のピストンズはマジックが怪我をしたレイカーズに勝利しチャンピオンシップを得ましたが彼らを否定する声をあまり聞きません。
    運も実力の内と言います。無事是名馬と言います。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      おっしゃるとおりだと思います。
      運も実力のうち!

      来季は運も呼び寄せてほしいですね(^_^)

*

CAPTCHA