ルディ・ゴベール ダーク・ノビツキーのシューティングコーチに教えを請う

【スポンサーリンク】

ユタ・ジャズ期待のビッグマン、ルディ・ゴベールは、より幅広いプレイを目指している。

ブロックショットに定評のあるゴベールだが、この夏はシュートレンジの拡大に尽力する模様。

the Salt Lake Tribuneによると、ゴベールはこの夏、ダーク・ノビツキーのシューティンコーチにミドルレンジショットの教えを請うため、ドイツで10日間を過ごす予定だという。

すでに15フィートのシューティングに熱心に取り組んでいるようで、さらに安定したプレイを続けるために下半身のトレーニングにも励んでいるようだ。

リム周辺でディフェンスではすでに頭角を現しているゴベールだが、ミドルレンジショットをマスターすればオフェンスでもさらなる脅威となれるだろう。

なお、昨季のゴベールはレギュラーシーズン82試合に出場し、平均8.4得点、9.5リバウンド、2.4ブロックショット、FG成功率60.4%、フリースロー成功率62.3%を記録。

キャリア2年では通算127試合に出場し、平均6.2得点、7.3リバウンド、1.8ブロックショット、FG成功率58.7%、フリースロー成功率62.3%を記録している。

【スポンサーリンク】

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ブライアントノア

    ジャズも若くていいチームですよね!
    ごベールさんにはカンターに代わって選抜になったらチームの勝率を上げたという実績もありますね。
    末恐ろしい若手かも…^_^;
    インサイドでコンビ組んでるフェバーズも得点伸ばしてますし将来性は明るそう。

    • By nba-sweetdays

      コメントありがとうございます(^_^)

      ゴベールのフェイダウェイとか、相手チームにとっては脅威ですよね!

*

CAPTCHA