ネッツのトーマス・ロビンソン 膝の関節鏡視下手術を受ける

【スポンサーリンク】

このオフにブルックリン・ネッツと契約したトーマス・ロビンソンが、膝の半月板修復手術を受けた模様。ネッツが発表している。

ネッツによると、ロビンソンはニューヨークでのトレーニング中に負傷したという。

ただ、秋からスタートするトレーニングキャンプには間に合う見込みだ。

昨季途中のトレードでポートランド・トレイルブレイザーズからナゲッツに移籍したロビンソン。

ネッツは当時からロビンソンに興味を持っていたものの、ロビンソンはナゲッツ解雇後にフィラデルフィア・セブンティシクサーズに移籍していた。

なお、2012年のドラフト5位指名でリーグ入りしたロビンソンは、キャリア3年でサクラメント・キングス、ヒューストン・ロケッツ、ブレイザーズ、シクサーズでプレイ。

昨季はブレイザーズとシクサーズでプレイし、合計54試合に出場で平均5.7得点、5.6リバウンド、FG成功率48.5%、フリースロー成功率52.8%を記録している。

パワーフォワードのポジションでプレイしているロビンソンだが、ネッツにはタディアス・ヤング、アンドレア・バルニャーニ、ウィリー・リードとすでに3人のパワーフォワードが在籍しているため、厳しいポジション争いを強いられることとなりそうだ。

【スポンサーリンク】

*

CAPTCHA